iPhoneを水没させてしまった!今すぐやるべき事とは!

絶対やってはいけないこと!

お風呂の時間やプールで写真を撮るなど、リラックスしているところでiPhoneを使う機会は多いですよね。ただ、心配なのは自分の不注意による水没、浸水による故障です。もし水没させてしまったら、まずは焦らないこと。大切な写真やデータの入っているiPhoneなのでパニックになるのは分かりますが、絶対にやってはいけないことが3つあります。「iPhoneを振ること」「電源を入れること」「ドライヤーで乾燥すること」iPhoneを振ると、中の水分を余計に広げることになるのでやめましょう。電源を入れると中の部品が、接続時にショートを起こすリスクがあります。ドライヤーで急に乾燥させるのもiPhoneへのダメージが大きいのです。

正しい応急処置の方法とは?

iPhoneを水没させてしまった時にやるべきことは、2つあります。1つめは、「電源を切ること」です。内部が濡れている可能性があるので、そのまま電気を通すと故障の可能性がでてきます。iPhoneのない生活は不安ですが、最低でも1日以上は電源を切って様子をみましょう。2つめは、「水分を取り除くこと」です。iPhoneの水分をティッシュやハンカチで丁寧に拭き取りましょう。SIMカードも取り出して、目に見える水分はすべて拭き取って下さい。すぐに乾燥することができないので、しばらくはiPhoneを触らない時間が必要です。正しい処置を行えば、十分に復活する可能性はあるので、まずは落ち着いて記事にある対処法で応急処置を行ってみてください。

iphoneが起動しないからといって、わざわざ買い換えを行うのは早計です。修理店に持ち込めば、買い換えよりも圧倒的に安い費用で直る可能性があります。